« 講演依頼 | トップページ | 妻の乳癌 »

演劇三連戦

ここのところ、演劇の案内が相次いでいる。まず青年劇場の「郡上の立百姓」前進座の「たいこどんどん」 黒柳徹子の「レティスとラベッジ」しばらくぶりに演劇にたっぷりつかろう。人生も90を越すと狭く考えるようになりがちだが、演劇の芸術性に漬かって来よう。新しい人生が開けそうな気もする。

|

« 講演依頼 | トップページ | 妻の乳癌 »

コメント

善明さん、こんにちは。

演劇などにも関心を持ち、幅広く吸収されているのですね。

私にとっては、映画も楽しみのひとつです。20世紀は映画の世紀、こどものころから映画には親しんできました。最近、時間の融通もつくようになり、いままでより足も運ぶようになりました。雑多に時々ですが。

最近見た米映画「ニュースの真相」、見たかいがありました。ブッシュ大統領の再選時、CBSニュースのブッシュ兵役問題での「誤報騒動」(私の言い方です)がありました。あったということでしか知っていなかったものでしたが、映画がそのことを伝えてくれました。うっかりがうっかりですまされない、相手も必死であればなおさら、を感じたものです。きちんと総括し、後につなげたい、監督、出演俳優の姿勢に教えられました。

見聞が広がれば、発想もひろがります。つぶやきではっとさせられる昨今にますますなりました。「ニュースの真相」は、大きなつぶやきでした。

これからもよろしくお願いします。

160928 植田英隆(札幌市)

投稿: 植田英隆 | 2016年9月28日 (水) 09時02分

植田英隆さん 有益なコメント有難うございました。励まされます。

投稿: | 2016年9月29日 (木) 19時39分

植田英隆さん 有益なコメント有難うございました。こちらこそ、今後もよろしくお願いします。

投稿: z | 2016年9月29日 (木) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 講演依頼 | トップページ | 妻の乳癌 »