« 舛添氏の辞職しない理由 自公の思惑が背景に 呆れたものだ | トップページ | 平和と守るための大決戦でもある。都知事選挙に全力を »

最後の奮闘を、続いて都知事選の勝利へ

朝日の選挙結果予想では、かなりわが党は奮闘しているようだ。東北も頑張っている。埼玉の伊藤岳も最後の戦いを不破元議長応援を得てやるようだ。選挙は最後の奮闘が勝敗を決める。全党が可能な限りの奮闘を集中すれば。展望が開ける。いや開く必要がある。知事選は自民党が混迷している。前回2位で大健闘した宇都宮さんに心からの期待を寄せる。この闘いは本当に日本と世界の展望を切り開く選挙戦だ。

|

« 舛添氏の辞職しない理由 自公の思惑が背景に 呆れたものだ | トップページ | 平和と守るための大決戦でもある。都知事選挙に全力を »

コメント

各週刊誌などでは、今回の野党共闘の牽引役を務めた日本共産党の真剣さを賞賛する記事をよく目にします。殆どの一人区で候補者を下げ、統一候補の支援に全力をあげた日本共産党の真剣度が、日本の戦後政治史(国政レベル)で初の野党共闘と市民との連帯を成功させた要因であると考えます。 明日の参院選…、良い結果になることを心より祈念させて頂きます。

投稿: バンガード | 2016年7月 9日 (土) 20時49分

善明さん、あはようございます。

本日7月10日、これから投票にでかけます。政策重視(その一貫性も)で主権者の権利行使です。だんだんとそうなってきました。投票してその後の結果を自分なりにふりかえることを続けてきたことで、ものを見る目考える視点など深くなってきたと感じています。喜んだことも反省もいろいろありました。

結果が出たらまた新たなスタートです。やることは誰にもいろいろあるのではないでしょうか。ささやかなことは身のまわりにたくさんありますし、身の丈にあわせて無理をしないことでやっていきます。

善明さんの「新時代」しみじみ読ませていただいています。ときどきの発言だから私にはよいのかも。

私の体験では、世の中自分なりにさがさないときちんとした発言には出会いません。類似の名前で肝心なものを気が付かせないようにしようとする人も多いようです。グーグル検索でもよくみられることです。「歴史問題」はとくに。

これは読み手が違いと区別を伝えていくことも大事ではないかと私は思っています。もっとも主催者の対応反応も目隠しの動きにあまり気をつけていないのかもしれませんが。

善明さんの「新時代」、それともちがって「新時代」なり「新時代を一部にでも使っているブログ」がすでに「多い」ことで、結果として私には見つけづらくなっていました。その都度読むだけですから。

ですから私はグーグル検索で、「松本善明 新時代」と検索してお邪魔しています。こんな読者でもあります。

検索などでひと手間かけることでの違い、これもわかったことは最近ですが。

不尽

160710 植田英隆(札幌市)


投稿: 植田英隆 | 2016年7月10日 (日) 08時03分

植田様 札幌に娘が居たり、妹の墓が真駒内にあったりで、植田様のコメントを楽しみに読ませていただいています。
パソコンで読んでおられるなら、左上に☆マークがあるのでクリックすると「お気に入り」に登録できます。スマホは使っていないのでそちらでしたらごめんなさい。松本様のコメントに書いても目に触れないかな〜と思いながら、お節介でした。

投稿: 青木聡子 | 2016年7月11日 (月) 14時06分

善明さん、こんにちは。

青木聡子さんより、私宛のコメント入れていただいていました。この場をお借りして、返信ご容赦ください。

青木聡子 様

札幌のご縁で親しみを持っていただいたようで恐縮いたしました。たまの私のコメント、ご笑覧いただければ幸いです。

回答になりますかどうか。私は毎日のように目を通す個人インターネット情報がいくつかあります。数人といったほうが正確かもしれません。必ずしも同意見でなくても、気づきや刺激を与えてくれる方々(と私が思っている)です。

新しい発言をしていたら目を通すのですが、私のボケ防止で、パソコンのグーグル検索で、毎回人名入力をして、行きついています。毎回Aさん、Bさんといった調子です。すぐそれだけで検索できる人、できない人がいます。

善明さんの場合は、名前だけではすぐでてきません。何ページかめくって目をこらさないと「新時代ブログ」には行きつきません。かっては「松本善明」でも「最初のページ」にありました。また「新時代」では、ほかにありすぎて、ページをめくる検索ではどれほどかかるかわかりません。これは題名のつけかたを当時初心者の善明さん、うっかりされたのだと思っています。したがって「松本善明 新時代」と入力していきついています。

パソコン党(初心者レベル)ですが、「お気に入り」は知っています。しかし受け身な感じがして、どうしても読みたいと思うものにしぼっているので、使っていません。今日もお邪魔させていただきます、という調子で、指と記憶の訓練にもさせていただいています。

私は新聞は日刊紙複数購読し、毎朝一定時間目を通す習慣の持ち主です。日経の「私の履歴書」は楽しみのひとつです。

青木さん、「新時代」のご縁、これからもよろしくお願いします。

160712 植田英隆(札幌市)

投稿: 植田英隆 | 2016年7月12日 (火) 07時13分

バンガードさん 植田英隆さん 青木聡子さん コメント有難うございます 参院選おかげで日本共産党は大躍進、特に私の選挙区だった東北は頑張っているので喜んでいます。次は東京都知事選挙ですね。

投稿: z | 2016年7月14日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舛添氏の辞職しない理由 自公の思惑が背景に 呆れたものだ | トップページ | 平和と守るための大決戦でもある。都知事選挙に全力を »