« 白寿を目指して | トップページ | 最後の奮闘を、続いて都知事選の勝利へ »

舛添氏の辞職しない理由 自公の思惑が背景に 呆れたものだ

今日6月8日読売新聞に舛添知事に関するなかなか気の利いた記事を載せている。大見出しは「都議会徹底追及へ」で、中見出しは「百条委設置は慎重姿勢」という見出しだが、囲み記事が面白い。見出しは「自公、対応及び腰」「辞職 参院選へ影響懸念」というものだ。内容は舛添知事が今辞職すると知事選挙が参院選と同時になる可能性が高く、参院選に影響することを懸念しているということだ。ハウスの朝食会でも舛添氏の対応の問題が厳しく論じられたが、単に舛添氏個人の問題ではなく,自公が糸を引いていたということだ。これでまったく理解できない舛添氏の対応が、背後に自公がいたということだとよく理解できる。何だ、親分が後ろで糸を引いていたのだ。これではっきり判った。

|

« 白寿を目指して | トップページ | 最後の奮闘を、続いて都知事選の勝利へ »

コメント

善明さん  こんにちは

今回の舛添要一騒動は、「2020東京オリンピック招致買収疑惑隠し」「甘利隠し(UR口利き疑惑隠し・TPP密約隠し)」など、いろいろな思惑が見え隠れしているようです。

しかし、悪いことは出来ません!
お天道様がみんな見ています!

内閣総理大臣・安倍晋三による、大はしゃぎの、熱烈全力応援ぶりは、なかなかの見ものです。(悪党どもが、白昼堂々、勢ぞろい!)

◆安倍晋三総理 舛添候補を熱烈全力応援(銀座4丁目) 2014/2/02 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=riGKSK-HuEI&sns=em

◆徹底解明 百条委こそ/和泉都議代表質問 舛添知事疑惑を追及
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-08/2016060801_03_1.html

◆甘利氏は国会で説明を/「活動再開」表明 小池書記局長が批判
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-07/2016060702_01_1.html

投稿: 虎三(とらさん) | 2016年6月 9日 (木) 17時58分

虎三さん いつもコメント有難うございます。自民党や自民党系の人に腐敗は付き物という状況ですね。そうでない人もいるのかもしれないが、企業献金で生きている政党には腐敗、贈収賄は付き物といってもいいかもしれませんね

投稿: z | 2016年6月12日 (日) 22時38分

善明さん  こんにちは

今度の参議院選挙で、安倍首相は「不都合な真実」(改憲策動、年金損失、TPP密約、等々)を覆い隠したまま、参議院選挙をやり過ごそうとしているようです。(無関心や日和見主義はファシズムの温床、ナチスドイツを支えたのもあきらめと楽観論でした)

【争点】を掘り下げ掘り起こし、「これは大変だ!」と主体的に選挙に参加する有権者をたくさん増やし、投票率も850万得票も大きく前進する選挙戦にしたいですね。

◆首相は改憲言及避け争点隠し/自民党改憲草案は大争点/記者会見で小池氏が主張
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-14/2016061401_04_1.html

◆公的年金の運用公表先送り/情報隠ぺい体質 小池氏
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-14/2016061402_02_1.html

◆TPP承認「秋に結論」=米下院議長に伝達-大島衆院議長:時事ドットコム
http://www.jiji.com/sp/article?k=2016043000155

投稿: 虎三(とらさん) | 2016年6月15日 (水) 06時58分

善明さん  こんにちは

いよいよ参議院選挙(7月10日投票)が近づいてきました。

国会前の抗議行動ーー「賛成議員を落選させよう!」そのために「野党は共闘!」の頑張りどころです。

こんなデタラメ(暴力で議会を踏みにじるクーデター)を許したら民主主義が死んでしまいます、ファシズムです。
今まで自民党や公明党の支持者だった方々も、「これはおかしい!」「これは許せない!」と安倍政権にお灸をすえ、民主主義を国民の手に取り戻す大切な選挙です。

◆「憲法破りの勢力に退場の審判を」 共産・志位氏:朝日新聞デジタル
 今度の参院選は3年半の国民のみなさんの民意に背く、安倍暴走政治の全体が問われる選挙にしなければならない。とりわけこの参院選は、安倍政権が安保法制を強行したあとの最初の国政選挙だ。法案を強行するときに安倍首相が国会でこう言ったことを忘れてはいけない。「決めるべき時は決める。しかし、次の選挙で国民の審判を仰ぎます。これがまさに民主主義です」と言ったんですよ。ではみなさん、審判を下そうではないか。憲法破りの政治をやった勢力には退場の審判を下そうではないか。(5日、札幌市内での街頭演説で)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ6556RTJ65UTFK009.html
  
◆【参・安保法案】特別委員会での強行採決の瞬間。委員会のメンバーではない自民党議員が乱入して、鴻池委員長を取り囲む。 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=eR6xYuoonpg&sns=em

◆【緊迫・安保法案】“ふくよかな”議員が外側ブロック、自民の「鴻池委員長防衛シフト」 参考にしたのは防衛大学校名物の… - 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150918/plt1509180085-s.html

◆人間かまくらは私ですbot (@Hu_Kamakura_Bot) on Twitter
http://twitter.com/Hu_Kamakura_Bot

◆議事録の信頼性損なう/書き加え問題 4野党会派が検証要求
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-15/2015101502_02_1.html

投稿: 虎三(とらさん) | 2016年6月16日 (木) 05時40分

虎三さん いつも有益な参考資料満載のコメントを有難うございます

投稿: z | 2016年6月17日 (金) 23時00分

善明さん  こんにちは

安倍自民党・公明党政権が「改憲策謀」を隠したがるのは、①本当のことを言うと票が逃げるから、②本当のことを言うと投票率が上がって選挙で負けるからーー党利党略(謀略)そのものです。

しかし、「本当のこと」は「自民党:憲法改正誓いの儀式」を見ればバレバレです。
もう、誤魔化せません!

「本当のこと」を暴露して、投票率を上げ、850万得票を勝ち取る選挙にしましょう!

◆ 「憲法改正」争点隠し露骨 安倍首相が党首討論でホンネ http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183922

◆戦争法「争点化は非現実的」発言/廃止求める国民の声 恐れる公明代表
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-17/2016061702_03_1.html

◆戦争法・改憲すっぽり落ちる/公明党の参院選重点政策
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-01/2016050102_02_1.html

◆憲法改正誓いの儀式 - YouTube
これは大変!
自民党改憲派議員が言いたい放題!
笑顔で拍手する安倍晋三!
この動画で、はっきり「憲法改正させましょう。基本的人権、国民主権、平和主義、この3つをなくさなければならない」とおっしゃってますが、選挙が終わったら出してくるのですか?
今はまだ隠してるのですか?
http://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8&sns=em

投稿: 虎三(とらさん) | 2016年6月22日 (水) 09時34分

善明さん  こんにちは

いよいよ参議院選挙が始まりました。

「憲法改正は争点ではない」というご意見もあるようですが、「集団的自衛権の閣議決定」「戦争法」ともに、選挙のときには口をつぐみ、選挙が済んだら勝手に強行する、そのことに国民は怒り、不信感をもっています。
現に自民党が公約に掲げ、自民党幹部の物騒な発言まで飛び交っている以上、国民の疑問と模索に答えるのが政権与党の責任ですね。

説明責任を放棄し、何でも追随して(白紙委任・全権委任)、独裁の片棒を担ぐ公明党の姿勢こそ、厳しく問われなければなりません。

「憲法と自衛隊」の論点ーー志位さんの指摘「矛盾をつくったのは、自民党政治」は明解ですね。

◆日本記者クラブ主催「党首討論会」での志位委員長の発言
「当面の政策と将来の政策の違いだが、災害救援なんかも含めて自衛隊の機能、役割が大事であることは国民の中では異論がない。それを将来、廃止、解消していくのはわかりにくい」との質問が出され、志位氏は次のように答えました。
志位 憲法9条に照らしますと、自衛隊が憲法違反だということは、私たちは明瞭だと思っております。
 では、この矛盾をどうやって解決するか。9条の理想に向かって自衛隊の現実を改革していく。こういう方向で解決すべきだろうと考えます。
 ただ、これはすぐにはできません。これは、私たちが参画した本格政権ができて、その外交政策によって、すべての国と平和的な関係をつくって、そして日本を取り巻く平和的環境が成熟して、国民の圧倒的多数が、「もう自衛隊がなくても安心だ」という合意が成熟したところで初めて、これは踏み出すことができるというふうに私たちは考えております。
 そうしますと、かなりの期間、自衛隊と共存する期間が続くわけですが、こういう期間に、急迫不正の主権侵害あるいは大規模災害など、必要に迫られた場合には、自衛隊の活用をするということは、これは当然だということを大会で決めております。
 これは、矛盾のようにみえますけど、矛盾をつくったのは自民党政治なんですよ。その矛盾を私たちは引き受けて、そして9条の全面実施という方向で、国民とともに、国民の合意で変えていこうと、これが共産党の立場なんです。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-22/2016062203_01_0.html

◆公明党広報 (@komei_koho) さんがTweet
「(憲法改正について)国会では『何をどこをどのように変えるか』議論が集約されていない。だから、この選挙では争点にならない」「国会で議論を深めることが大事だ。さらに国民の理解が相伴っていかなければならない」(公明党・山口那津男代表) #news23 #参院選 #党首討論 (http://twitter.com/komei_koho/status/746374104106696706?s=17) 

◆公明党広報 (@komei_koho) さんがTweet
「共産党は自衛隊は違憲だという。『災害で派遣しないのですか』『急迫不正の侵害が起きたとき何もしないのですか』『国民の生命、財産を守らないのですか』と志位委員長に聞いたら『そうはいかない』と答えた。共産党こそ立憲主義に反すると言わざるをえない」 #news23 #参院選 #党首討論 (http://twitter.com/komei_koho/status/746371088662224897?s=17) 

◆憲法改正誓いの儀式 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8&sns=em

◆【自公は平和憲法を捨てた。……28年前の創価学会婦人部編『まんが・わたしたちの平和憲法』に書かれた戦争へのシナリオが今の状況とそっくり : Seoul Life】
http://seoul-life.blog.jp/archives/62149212.html

投稿: 虎三(とらさん) | 2016年6月26日 (日) 06時17分

虎三さん いつものように有益な解説つきのコメント有難うございます

投稿: z | 2016年6月26日 (日) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白寿を目指して | トップページ | 最後の奮闘を、続いて都知事選の勝利へ »