« 赤旗創刊88周年、結婚34周年 | トップページ | アメリカ大統領選挙、民主党は大接戦 »

京都市長選挙は国政にも大きな影響あり

京都市長選挙が6日後の7日投票の最終盤になった。国政選挙がないので、国政にも大きな影響のある選挙だ。とくに日本共産党推薦候補が、自公民社民までが推薦する現職に対抗して大善戦している選挙だ。戦争法に反対する世論の高まりの中で、日本共産党が勝利することは、戦争に反対する世論が本物に成長していることをしめすことになる。ご支援を訴える。

|

« 赤旗創刊88周年、結婚34周年 | トップページ | アメリカ大統領選挙、民主党は大接戦 »

コメント

善明さん  こんにちは

世の中がゆきづまってくると、「蟹工船」に出てくる悪辣な現場監督・浅川や、「安倍晋三」のように憎悪の唱導を繰り返し、対立や分断をあおり、保身をはかる奴が出てきます。(歴史をさかのぼると、ローマ時代にも「分割統治」の悪知恵がありました。)

けれども、歴史は一歩一歩、革命的楽天的に進歩しています。
アメリカでは格差拡大に正面から異を唱え、社会主義的な主張を掲げる民主党のバーニー・サンダース候補が快進撃を続けています。

神奈川県の川崎市では「警察が無法なヘイトスピーチデモを護衛するのはおかしい」と怒りの声が高まり、なんと、警官隊ごとヘイトデモを追い返してしまいました。

2月7日投票の京都市長選挙では、「首相(安倍)もアカンが、市長(門川)もアカン」「どうして、民主党や社民党は、京都で自民党を応援するのか?」「試しに本田久美子さんの話を聴いてみよう!」ということになって、本田久美子さんの個人演説会はすべて超満員、「戦争反対!」「原発反対!」の訴えに大きな支持が集まっています。

川崎では「共に生きよう!」のスローガンがヘイトデモ許すな!の住民運動を元気づけました。ひとりひとりが勇気を出して声を上げることが、世の中を大きく動かしています。

◆志位委員長の外国特派員協会講演/出席者との一問一答
 アメリカ国内の状況をみましても、大統領選挙の過程で、民主党のサンダース候補がTPP絶対反対を唱えて支持を伸ばし、クリントン候補も反対を表明するという状況があります。TPPは、米国と日本を中心とする多国籍企業が各国国民を収奪する体制です。ですから、関係する各国国民のなかから反対の声が広がる。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-17/2015101704_01_0.html

◆アイオワ州、民主は「事実上の引き分け」 米メディア:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ217K48J21UHBI043.html

◆「分ってるものもあるだろうが、云うまでもなくこの蟹工船の事業は、ただ単にだ、一会社の儲仕事と見るべきではなくて、国際上の一大問題なのだ。我々が――我々日本帝国人民が偉いか、露助が偉いか。一騎打ちの戦いなんだ。」(蟹工船)

◆体張り差別阻止 ヘイトデモ許可に疑問/神奈川新聞ニュース
http://www.kanaloco.jp/sp/article/149628

◆ヘイトデモやめて/川崎市民ら街頭で抗議
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-01/2016020101_04_1.html

◆京都市長選最終盤 記者座談会/日本の良識 本田候補へ結集
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-02/2016020201_07_0.html

投稿: 虎三(とらさん) | 2016年2月 3日 (水) 07時51分

虎三さん アメリカ大統領選挙で民主的社会主義を主張するサンダース候補の活躍をお知らせいただいて有難うございます 注目すべきことですね

投稿: z | 2016年2月 3日 (水) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤旗創刊88周年、結婚34周年 | トップページ | アメリカ大統領選挙、民主党は大接戦 »