« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

日本外交は安倍首相の手に負えなくなってきている

予想通りTPPはまとまらなかった。日本の農業をつぶすような条約は国益に反することはいうまでもない。日本の農業は農村県の安全と経済の基礎になっている。自民党の公約、国会決議もある。TPPへの参加そのものをやめるべきだ。オバマ大統領は安倍首相が「バラ ク、バラク」とファースト・ネイムで呼んでも 、「シンゾウ」とは答えなかったようだ。韓国では従軍慰安婦問題で「恐ろしい、ひどい人権侵害だ」とのべたようだ。安倍首相にはなかなか厳しい会談だったようだ。日本外交は、安倍首相の手に負えないようになってきているようだ。

| | コメント (0)

弁護士60年で表彰される

前衛のレッドパージ現行の仕上げが終わった。日弁連は弁護士60年というので表彰してくれるという。仙台でだ。松川、三鷹、レッドパージ、秘密保護法、集団自衛権、改憲問題、靖国問題など課題は多い。健康に注意して頑張ろう。

| | コメント (7)

レッドパージ救済勧告の新しい事態

今朝の赤旗によると、レッドパージ救済勧告を札幌弁護士会が出したということだ。全国で10件目になる。急速に全国のレッドパージ勧告が増加している。憲法の思想信条結社の自由を守ることの重大性についての認識が増加しているということだ。各地の弁護士会支部が勧告し全国的な広がりが生まれたときには新しい事態ということになろう。

 これから千葉県大網の国民救援会主催松川などの戦後謀略についての講演に出発する。

| | コメント (14)

京都知事選挙の勝利は新しい展望を生み出すだろう。

  消費税増税の影響はまだまだ大きい。タクシー運転手さんに聞くと客は激減だということ。国民の気分がこれからの生活が大変だということでいっぱいだ。安倍首相は番記者とほろ酔い加減で懇談だそうだ。気楽なもんだ。津波のニュースもますます気分を沈ませる。朝食の懇談も将来の不安も数々語られる。人類も将来恐竜のように絶滅するのではないかというような話まで出る始末だ。明るいニュースが必要だ。京都知事選挙で国民の勝利が勝ち取られれば雰囲気は大きく変わるだろう。力を合わせれば日本も世界も変わるという革新が必要だ。京都知事選挙は大きな影響を持つだろう。変化が必要だ。国民が勇気付けられることが何よりも大切だ。

 明日は大網で松川の話をする。袴田事件であらためて日本の司法をはじめ政治を大きく変えなければならないことを痛感する。

| | コメント (0)

安倍内閣の寿命は短くなるかも知れない

4月1日からいよいよ消費税が8%になった。郵便には封書も葉書も二円切手を貼らなければならなくなった。この手間だけでも大変だ。私のハウスでも二円切手を買ってきて入居者の便を図っている。消費税の値上げもその店ごとに時期が違っているし、その手間も大変だがその変更がうまくいかなくて混乱も起こっている。これを又10%にするというのも大変だ。自民党の中、公明党との間でも調整しなければならないようだ。安倍内閣は大きな問題を抱え込んだものだ。デフレを克服するというが、肝心の需要者である国民の所得が減るわけだから、今までの消費税値上げと同様に、需要は減少することは間違いあるまい。今日4月1日になると需要は激減しているようだ。案外安倍内閣の寿命は短くなるかもしれない。

ブログがちょっと途切れたことをお詫びします。

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »