« 小沢一郎被告人の法廷供述をどう見るか | トップページ | 国際紛争を戦争ではなく外交で解決する時代になってきていることをはっきり認識して日本外交を進めるべきときだ 南スーダン問題 »

国民生活と民主主義、平和と独立 今こそ大事なときだ。消費税増税二頭立て馬車馬内閣発足!

 野田改造内閣発足。朝日川柳に☆印の作があった「改造に何も変わらずいとをかし」 自民党と変わらないというのか 今までと変わらないというのか いずれにしても期待感無しというところか。しかし、期待どころか 野田、岡田の二頭立ての馬車で消費税増税に突っ走ろうということだ。消費税増税というと、私のハウスにも出ていかねばならんという人が出てくる。期待どころではない。そして民意をますます国会に反映しないように比例の定数削減も掲げている。暮らしと民主主義破壊内閣だ。総選挙では目に物を見せねばならぬ。TPP,沖縄基地みなアメリカいいなり、平和と独立も大事だ。

 大阪の教育基本条例案に反対の識者がずらり、宇都宮日弁連会長、尾木ママこと尾木直樹さん 竹下恵子さん 澤地久恵さんなどなど114人、壮観だ。一方公明党が維新の会に急接近。独裁肯定なのかな?党利党略で動くべきときではない。国民生活と民主主義を断固として守るときだ。

|

« 小沢一郎被告人の法廷供述をどう見るか | トップページ | 国際紛争を戦争ではなく外交で解決する時代になってきていることをはっきり認識して日本外交を進めるべきときだ 南スーダン問題 »

コメント

その消費税にも関する議論を、拙ブログでまとめました。

仮にも「税と社会保障の一体改革」と言うなら留意するべき点
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/127.html

宜しければ、御意見やご批判を賜りましたら幸いです。

投稿: 伊賀篤 | 2012年1月15日 (日) 15時53分

伊賀篤さん コメント有難うございます ご苦労様です。

投稿: z | 2012年1月15日 (日) 18時06分

善明先生 こんにちは
 
「国会定数を削減すれば、消費税増税も仕方がない?」なる俗論がありますが、野田内閣がやろうとしているのは19兆円負担増、定数削減で民意が削られれば、国民は踏んだり蹴ったりです。…日本が壊れる!
 
日本共産党は「法人税減税をやめれば、庶民増税は必要ない」と訴えています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-25/2011092501_01_1.html
この方向にこそ希望があります。
そもそも、先に大企業向けの減税を決め、…財源が足りません消費税増税が必要です、と言い出す野田内閣は後出しジャンケンでずるいです。
 
差し戻して考えなおす時です。
 
過去、「224兆円の消費税負担」が「208兆円の法人税減税」に消えてなくなった実態が、税と社会保障の根本問題です。(少しも福祉は良くならなかった)
 
消費税の逆進性(弱者に重い)が諸悪の根源です。
 
歴代自民党政治の「法人税減税+消費税増税」が、「格差と貧困の矛盾」「需給ギャップ~過剰生産恐慌の矛盾」を拡げています。
 
「法人税減税+消費税増税」は、ギリシャが歩んだ破滅の道
 
260兆円超の内部留保がある大企業向けの、20兆円の法人税は不要不急です。

投稿: 虎三(とらさん) | 2012年1月17日 (火) 05時01分

善明先生 たびたびすみません。
 
赤旗記事の引用箇所としては、
1月13日の「おかしいぞ、消費税大増税、中止しかない『3つの大問題』」が分かりやすそうですね。
 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-13/2012011302_01_0.html

投稿: 虎三(とらさん) | 2012年1月17日 (火) 05時41分

虎三さん 参考になるコメント有難うございます

投稿: z | 2012年1月17日 (火) 15時26分

善明先生 こんにちは
 
昨日(1月18日)の読売新聞に衝撃的な記事が載っています。
 
日本はOECD加盟(34ヵ国)のなかで、「相対的貧困率」(国民ひとり一人の収入から社会保険料や所得税などの直接税を除いた所得を多い順に並べ、中央の人の半分に満たない人が全体でどれだけいるか?)がワースト6位でした。
 
ちなみに、
ワースト1(メキシコ)
ワースト2(イスラエル)
ワースト3(チリ)
ワースト4(アメリカ)
ワースト5(トルコ)
ワースト6(日本)
 
歴代自民党政治とりわけ小泉構造改革の弱者切り捨て政治の歪みです。(国民は民主党に期待したが、野田内閣は自民党政治に逆戻り!…国民は怒っている!)
 
「法人税減税+消費税増税」が強行されると、相対的貧困率の矛盾はさらに深まります。……日本が壊れます。
 
国会の定数削減で、民意が削られれば、社会的弱者の声が政治に届きにくくなります。
 
「国民に痛みを」「その前に、国会定数削減」の結果、失業や倒産が続出すれば、相対的貧困率ワースト6位の日本がどうなるか?、冷静に考え直すときです。
 
大企業には、使い途がなくて余ったお金(内部留保)が260兆円以上あります。
責任重大です。

投稿: 虎三(とらさん) | 2012年1月19日 (木) 07時21分

虎三さん いつも有益なコメント有難うございます。

投稿: z | 2012年1月19日 (木) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小沢一郎被告人の法廷供述をどう見るか | トップページ | 国際紛争を戦争ではなく外交で解決する時代になってきていることをはっきり認識して日本外交を進めるべきときだ 南スーダン問題 »