« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

窓ぎわのトットチちゃん30周年

 黒柳徹子さんの「窓ぎわのトットちゃん」の30周年記念の集いがちひろ美術館東京で昨日あり、日本のマスコミ各社、特に子ども向け新聞の豆記者が来ていたのには驚いた。神妙にメモをとっていた。そのほか台湾、韓国からも記者や大学教授が来ていた。歓談のなかで台湾に行く話になった。まだ行ったことがないので楽しみだ。それにしても松川書きあげてからの話だ。あと二カ月シャカリキ頑張らないとな。

| | コメント (0)

名古屋市議選挙は日本の政治全体に影響する ほんとに激動だ

名古屋の市議選が始まった。河村いいなりの市政を目指す地域政党「減税日本」は過半数を取るために大量立候補している。そうなれば河村独裁になる。民主、自民、公明が河村市長寄りの姿勢をしめしているだけに、「河村市政にもの言う党」としての日本共産党の果たす役割が大きい。保育料の値上げを食い止めたり、安い費用で入れる特養ホームの建設など主張する日本共産党の市議団は不可欠だ。定数75に150人が立つこの市議選結果は日本の将来に直結する。河村独裁市政を阻止するための日本共産党の役割をあらためて評価してほしい。議会制民主主義の存在が脅かされる時代にならないように。市長選挙と知事選挙で「減税日本」=河村党が圧勝したあとだけにこの独裁を許さない投票を!

 ヒトラーが選挙であの独裁政治を作り上げた歴史をあらためて思いだそう。日本でも石原都知事が国民を侵略戦争に駆り立てる基礎を作った「教育勅語」について「言っていることは決して間違いでない」などと平気で発言しているだけに、軍国主義と独裁政治に対する警戒は決して緩めてはならない。

 赤嶺議員が沖縄県東村高江地区のヘリバット工事について予算委員会分科会で質問した記事が赤旗に掲載された。国会議員団と赤旗が役割を立派に果たしている。

朝まで生テレビでの笠井政策委員長代理、NHK日曜討論での市田書記局長の発言、両方とも立派なものだ。

 日曜討論では予算案を根本的に組み直す必要とともに子ども手当を修正して成立させることなど、政治に希望をもたらす市田発言、さすがはだ。

 笠井発言は内容も立派だが、とくに司会の田原総一朗氏が「この人は人間じゃない」という暴言を吐いたことに厳しく抗議し取り消させたのは、これもさすがだ。田原氏は司会の役目を超えて発言することで問題のあった人で、落ち目になっているが、反共を売り物にこういうことまでやるようになった。取り消しもあとからやってわからなかった視聴者も多かったろう。局から注意されたのではなかろうか。もうテレビ番組の司会者としては落第だ。近いうちに退陣ということになるのではないか。もうボツボツ年だろう。ハハハハハ・・・・・ 

 安保理事会がカダフィの制裁決議を行った。文字通り目の離せない激動の時代だ。

 

| | コメント (4)

 ひどい男、その名はカダフィ もう単なる殺人者だ

カダフィという男もひどい男だ。もう単なる殺人者に過ぎない。その末路は見えている。でも人類の将来は明るい。民衆が勝利する時代だ。

| | コメント (2)

エ!100才まで!

 ちひろ美術館の役員会で会った黒柳徹子さん。あと15年「徹子の部屋」を続けることが決まったそうだ。私が100歳になるまで続けるとの話。たいしたもんだね。こちらも負けないように。でもなかなかの難事業だな。ハハハハハ・・・・・・でもやってみないとわからないものさハハハハハ・・・・・

| | コメント (2)

細く、長く

 しばらく東京都知事選のことで頭がいっぱいでした。沖縄のこと、愛知の選挙のこと、全国的にはTPPのこと、勿論消費税のこと、その他それぞれの地方問題あるわけですが、このブログは私の個人的ブログで日本共産党中央委員会の発表ではありません。

 党全体に期待されることは有難いことですが、それに私が個人として対応するのは、私の能力と責任の範囲を大きく超えています。ブログの読者の皆さんのご期待には感謝しますが、ご理解を賜りたいと思います。

 今私の主な仕事は松川の執筆で、ブログはもともと日記ですから、政治的なことを書いても限界があります。重ねてご理解を求めます。それに間もなく85歳になるものですから、体力も限界があります。出来れば細く長くと考えています。

| | コメント (12)

都知事選乱戦か!

ニュージーランド地震で被災された方々、ご家族の皆さんに心からのお見舞いの心を申し上げたい。言いつくせない思いがあろうと思う、

 ところで石原知事の都知事選立候補なしは本決まりのようだ。都知事選は乱戦になる。小池知事の誕生は夢ではない。実現すれば「東京から日本が変わる」が現実になる。そんな機会が訪れているのだ。エジブト効果かな。ネットの影響はとにかく驚くべきものだ。

 今日はちひろ美術館理事会。

| | コメント (4)

しばらく見守ろう

 リビア内乱状態。カダフィ大佐亡命か?亡命記事は数日前に報道されたが、その後は消えた。夕刊では「亡命せず」と報道されたが、真偽はわからん。そんな状況になっている。これもしばらく見守る以外にない。このブログもしばらく見守る以外になかろう。しかし、世界は確実に動いている!

| | コメント (0)

ネット革命の静かな進行

毎日エジブトの問題だが止むをえまい。毎日その影響が拡大しているからだ。中東全域10数カ国に広がったようだ。日本に影響が来ることは間違いあるまい。その証拠にこのブログのアクセス4,500が連日だ。コメントはないがじっと見守っているのかな。しかしネット革命だ。静かに進行していることは間違いない。

| | コメント (0)

さて、どうなるか

 エジブトの平和革命の影響は止まるところを知らない。リビア、バーレーンが今日の紙面を賑わわしている。イエメン、ヨルダン、アルジェリア、クェートまさに燎原の火のごとく燃え盛っている。今では独立革命を行ったイラン、中国まで影響が広がっている。

 これはまさに民主主義革命の波が全世界に広がろうとしているということだ。イスラエル問題でオバマ政権は初めて拒否権を行使した。全世界から歓迎されたオバマ大統領が既に世界の動きから取り残されようとしているということだろう。

 影響は日本に来ている。民主党、自民党の時代ではなくなった、名古屋では減税一本やりで変化が生まれたようだが、新愛知県知事、名古屋市長も消費税という大増税問題を避けて通るわけにいかなかろう。日本も大激動時代を迎えている。日本は菅内閣の支持率は16,2%まで下がった。さてどうなるか。今朝の政治番組ではやはり解散は無理とか。でもどうなるか。

| | コメント (0)

解散もありうる 菅直人という人間は!

 菅直人の言うことを聞いていると破れかぶれ解散もないことはない。彼は自分がもう首相になることはないと考えて首相として出来ることは何でもやろう。民主党がどうなろうと、日本がどうなろうと構うことではない。そんな男のやることを予測することは出来ない。解散もあるかもしれない。何でもありだ。

| | コメント (0)

菅内閣崩壊か?もう始まった、幕間もなく

 民主党議員16人の造反で菅政権危機。時事通信の世論調査は菅内閣の支持率17,8%。政変近し。破れかぶれ解散というのもあるが、まずは首相退陣というところか。日本の政情もますます閉塞感が強まりそう。ということは打開の道を国民が探し出す事の真剣度が増すという事でもある。すべては国民の手にある。スペインの変化はリビア、イエメンにも広がっているようだが、日本にも影響することは間違いなかろう。まずは一斉地方選挙、特に東京都知事選挙だな。

 ここまでは朝書いたブログだが、

 夕刊では民主党幹部が公明に「首相変えてもいい」と予算関連法案の成立を打診したということだ。いよいよ菅内閣の退場のシーンに入ってきた。激動の時代だね

| | コメント (0)

民衆が歴史を作る時代の始まり

 エジブトで始まった波は世界中に広がっている。メキシコの地震の波が日本列島に届くように。日本にも広がっている。都知事選が石原対小池の一騎打ちになれば面白いという声が出始めた。そうなるかもしれない。何が起こっても不思議でない時代だ。民衆が歴史を作る時代が始まっているのだ。

| | コメント (0)

だんだん切実感が高くなる

 鳩山前首相の「抑止力」発言が「方便」という弁解だ。何という「軽さ」「不見識」というより政治家、国会議員の資格に関わる問題だ。鳩山氏が日本流に「恥を知る」なら国会議員をやめるべきだ。引退すべきだ。民主党は小沢一郎氏、菅直人氏みんなとんでもない人たちだ。段々正体が明らかになっていく。民主党とは何という政党だ。呆れてものも言えない。やはりエジブトを見習う以外にない。一斉地方選挙の意義はますます大きくなってきた。小池の当選で東京から日本を変えよう。段々切実感が高くなってくる。

| | コメント (6)

日本各地で革命的選挙を

田中美智子さんがブログで自分の選挙区だった名古屋市議会選挙に檄を飛ばした。エジブトの革命と同じように頑張れ、候補者は死ぬ気で頑張れと。大変な意気込みだ。東京都知事選挙も同じだ。一斉地方選挙すべてそうだ。エジブト革命に倣ってと言えば、東京、名古屋に限らない、すべての地域で革命を起こすのだ。エジブト式とは違う日本式の選挙で革命を起こすのだ。議員選挙は勿論、首長選挙も東京のみならず、皆当選する決意で、革命的選挙をやるのだ。どんな運動も最初は一人だ。エジブトについてはデモを呼び掛けた30歳の青年アフマド・マヘルさんが語っている。最初は一人なのだ。なかでも東京が変われば日本が変わる。小池勝手連が方々で出来ることを願う。

| | コメント (0)

確定申告 E-taxでやった

 確定申告をE-taxでやった。ちょっと大変だったけれど、まあ提出期限一か月前に申告したんだからまあまあというところか。何というか、達成感はある。去年は3月15日直前までかかった。来年は2月上旬にやってしまおうかな。

| | コメント (0)

自民党政治にとどめを  民主党は完全に国民を裏切った

 都知事選挙は単なる知事選挙ではない。自民党政治にとどめをさす選挙だ。自民党政治を終わらせようと選んだ民主党が完全に国民を裏切った。国民は圧倒的に無党派になり政治の閉塞状態、いわば国民が何を選んだらいいのかわからなくなっている状態が生まれている。その暗闇のなかに光を差し込む、そして夜明けを迎えるのがこの選挙だ。小池晃後援会をどんどん作ろうじゃないか。ネット上で作るので充分だ。コメントで応援して貰えば、それば小池勝利に一歩づつ広がるのだ。エジブトの無血革命を日本に!東京から!。石原都政の転換は小池にだけできることだ。民主党候補では到底勝利は出来ない。東国原などに東京都知事は任せられない。東京はそんな簡単なものではない。大きな勝利も一歩からだ。皆さんの応援をお願いする。心から。

| | コメント (2)

案外こんなところから政治が変わるのかもしれないぞ

エジブトの熱狂は現地でも冷めやらず続いているようだが、こちらもエジブトに呼応したい。東京が変われば日本が変わる、その通り、そんなこと簡単に出来るか、そんな声が聞こえてくる感じだ。でも、エジブトでもムラバク大統領の退陣などほんの少し前まで考えられなかったのじゃないか。でもそれができたのだ。それがエジブトの熱狂だ。自民党政権が再び誕生、これを支持する人は少数だ。石原都知事の誕生はその道筋、それはいやだ、これを多数にしよう。そこから考えようじゃないか。消費税増税の自民党政権への道を許してなるものか。その道筋が石原5選だ。そんなこと、許せるか。その思いを小池知事につなげよう。国政の方から都政を見るのだ。

 民主党の推す知事候補は当選の見込みなし。連坊(当て字)は逃げている。民主党候補の当選はない。それなら変化の確実な小池にしようじゃないか。3か月足らすある。小さな声も集まれば大きくなる。案外こんなところから政治が変わるのかもしれないぞ。

 賛成の諸君は大声をあげてくれ。冗談じゃないよ。ハハハハ ハ・・・・・

| | コメント (6)

エジブトと東京

エジブトはとうとうムラバク大統領を辞任に追い込みました。テロ、武力を使わない平和的なデモの力で30年の独裁政権を倒しました。イスラム社会全体だけでなく世界に影響が広がるでしょう。しかもこれはインターネットで組織されたデモだということです。一つ一つのブログの力は弱くとも馬鹿に出来ないものですね。新時代の名に恥じないブログにしたいと思います。松川も書きながら。

 話は変わりますが、都知事選挙これもエジブトに習いたいものですね。こちらはデモではなく投票ですが、自民党が推す78歳のi石原知事5期目、78歳、任期の終わりには82歳です。20年間の独裁都知事になるか。息子の自民党幹事長石原伸テル氏の要請にこたえて立候補するか。都民のためではなく息子のための立候補という親バカか。ハハハハハ・・・・・・

 何度かこのブログでも小池晃氏の問題を取り上げたが、このブログもエジブトに倣って都知事選集中ということでいこうかとも思う。小池氏は51歳、若々しい力で東京の再生を図って欲しい。いやこれは日本を変える力になる。埼玉から応援するぞ。:

| | コメント (0)

日本の存亡をかけたたたかい

TPPは開国どころか、「壊国」だ。関税なしになれば日本の農林水産業は壊滅だ。米国の耕地面積は日本の100倍豪州は1500倍、日本の農業は特別の保護のもとに置かなければ成り立たない。そういう特別の貿易ルールを主張するのが独立国の外交だ。これは日本の独立、国家としての存亡をかけた戦いになる。

| | コメント (0)

爽やかなひとこと

 石原知事は「何が贅沢かと言えば先ず福祉」小池知事予定候補は「何が大切かと言えば先ず福祉」都政の転換を絵に描いたように表現した、小池晃氏の都知事選出馬会見のエキスだ。

 「東京が変われば日本が変わる」この意気込みがどれだけの都民、日本国民に伝わるかが今後の日本の将来を決めることになる。爽やかな言葉だ。

| | コメント (10)

眠い

事務所で離婚事件の打ち合わせ。疲れた。眠い。お休み。美智子ブログ並みだね。ハハハハハ・・・・・・・・

| | コメント (2)

e-Taxは面倒だ

 税金の申告を昨年のようにe-taxでやろうとしたが結構面倒だ。国税局は親切に教えてくれるが、電話代はかかる。面倒なので書類提出にしようかと思う。

| | コメント (0)

ジジバカ丸出し

昨日は曾孫の大樹がやってきた。もう6カ月になり、笑ったり、じっと見つめたりいろんな表情の変化を読み取ることが出来る。ある大学名誉教授がばったり面会「きれいな赤ちゃんですね」と絶賛。悪い気持はしない。でもあとから男の赤ちゃんに対する挨拶としてまずかったとのコメント。「きりりとした顔の坊や」とでも言えばよかったと思われたのかもしれないが、こちらは大満足。ジジバカ丸出しだね。でも子どもは可愛い。生きる力をくれるようだ。ハハハハハ・・・・・

| | コメント (0)

東京から大きな一石を

 都知事選が動き出した。革新都政の会が小池晃氏に出馬要請の動きだ。代表世話人は東京地評議長や東京都職労委員長が入っている。東京から大きな一石を投ずることになろう。

| | コメント (1)

二日続きの早朝からの出動

 今日は弁護士会の選挙。明日は10時から事務所の会議。毎日早朝からの出動だ。朝食時の懇談の時間が取れない。現役並みだ。自分ながらよくやるね。この中で執筆だから。しかし、執筆にもっと時間を取ることになるな。4月末までは何しろ松川最優先だ。

| | コメント (3)

閉塞感はこの一撃で吹っ飛ぶだろう

TPP参加国は東アジアではシンガポール、ブルネイ、ベトナム、マレーシャ4カ国に過ぎない。TPPは事実上アメリカとの自由貿易協定で、アメリカ産牛肉などに関税をかけることが出来なくなるというのが一番大きな変化だ。今でも百貨店や大型スーパ―でアメリカ産牛肉が国産牛を圧迫しているが、TPP参加になれば国産牛を一掃することになろう。食料自給率は10%台下方になり、食料主権はなくなるに等しい。日本は国家として成り立たなくなる。日本は完全にアメリカの従属国になる。その実現の前に菅内閣を打倒しなければならない。

 一斉地方選挙の勝利、特に報道され始めた小池晃氏の都知事選での勝利は計り知れない影響を日本政治にもたらすだろう。閉塞感はこの一撃で吹っ飛ぶだろう。

| | コメント (2)

今日は結婚30周年記念日

 今日はリーシャとの結婚30周年の記念日。25年が銀婚式。議員は引退したが。東北での活動は続いていた。記念日のお祝い。やったかどうか、記憶なし。

 50年金婚式はは105歳か。挑戦するか,ハハハハハハ・・・・・・・・・

 ささやかなお祝いを二人でやった。松川本の完成など、やらねばならぬ仕事に全力で取り組む決意も新たにした。 赤旗創刊83周年。公然たる活動開始の記念日だ。この日を結婚の日にしたのは正解だった。

| | コメント (4)

小沢強制起訴。国会も、司法もその存在価値が問われる

小沢一郎氏の強制起訴が決まった。市民の目から見て起訴すべきだという重大な決定だ。検察官は警察官と違う一定の独立性は持っているが、内閣のもとにある官僚であることは間違いない。裁判官とは違う。裁判も市民参加で官僚裁判からの変化が求められ、裁判員裁判が誕生した。そして、一層の改善過程にある。

 一方小沢氏に関しては国会での証人喚問の問題がある。国会の証人喚問は本人が有罪の判決を受ける恐れのある時は証言の拒絶が出来るが、それ以外は証言の拒絶も、出頭拒否も認められない。10年以下の重い懲役刑が待っている。

 これを免れるために、政治力で所属する民主党に影響を与え、その実現を阻むことは自らの被疑者、被告人としての供述の信憑性を否定するものだ。自ら「自分は嘘を言っています」というようなものだ。小沢氏はこの自己矛盾を平気でおこなっている。この点をもっともっと追及する必要がある。

 小沢派議員はこれを助けているのだ。国会議員として国民に対する反逆行為を行っていると言っても過言でない。民主党も断固として小沢証人喚問に踏み切らねば同罪だ。金で動く政治、金権政治は賄賂政治だ。この一掃のために役割を果たさなければ、国会も司法もその存在価値が問われる重大な問題だ。

 水戸黄門の葵の紋章の薬籠ではなく、主権者国民が、主権者を欺くつもりかと大音声をあげなければ!

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »