« 100円ショップは過剰生産恐慌が生みの親 | トップページ | 検察の腐敗極まれり  »

尖閣諸島問題、結論は前原外相と同じ

 尖閣諸島の領有をめぐって中国台湾との間に外交問題が起こっています。日本が日本政府が日本領に編入したのは1895年1月14日の閣議決定によるものです。1895年といえば明治18年115年前です。中国、台湾が領有権を主張し始めたのは70年代からで、この頃海底に石油資源があることがわかってきました。

日本の領有は国際法的にも正当なもので堂々と国際的な主張を明らかにし、外交的に冷静に解決することがもとめられています。

日本共産党は72年にこの問題で見解を発表しています。本日付の赤旗派詳細に評論しています。一部マスコミが書いていいるような前原外務大臣が鷹派かどうかなどの問題ではありません。マスコミの報道の在り方も問われる問題です。

|

« 100円ショップは過剰生産恐慌が生みの親 | トップページ | 検察の腐敗極まれり  »

コメント

何だか中国はおいしく見えたら強引になんでも我が物にしようとしていますね。尖閣はどう見ても日本領なのはわかり切っているのに、盗っ人猛々しいというのはまさにこのことだと思います。
日本政府がどう処理するか見物ですが、何分弱腰ですからね。それとこれとは話が違いますから毅然とかつ冷静な態度で処理してほしいです。

投稿: 博多 | 2010年9月21日 (火) 21時16分

博多さん コメントありがとうございました 正々堂堂と日本の主張を国際会議で主張することですね

投稿: z | 2010年9月21日 (火) 22時48分

朝日あたりは経済への影響をもって「中国の主張に配慮せよ」と言わんばかりの報道を垂れ流しています。

「百年培った欺瞞の技術」でもって、直接はそうは言わないところがリベラルのあざとさ。

共産党やそれに随伴する知識人は、リベラルの欺瞞をもっと撃つべきだと思います。

投稿: TAMO2 | 2010年9月22日 (水) 08時44分

TAMO2さん コメント有難うございます 私はこの問題に正面から日本はなぜ領有を正当と考えるかを堂々ということが大切で中国の主張に配慮するとか、その主張を罵倒するようなことでは問題の解決にも程遠くなると思います。まずは政府の国際機関での発言を見守りましょう。

投稿: z | 2010年9月22日 (水) 13時46分

冷静に、堂々と、ですね。ただ、中国スターリニズム・ショービニスト相手では絶対にそれでは永遠に平行線になるでしょうね。

持久戦にどちらが持ちこたえられるのか、という問題になります。

申し訳ないが、小生は共産主義の権力者ってのは、「全ては自分の言うことが正しい」と信じて疑わない、独善の塊と見ているので、「話し合いで筋道の通った解決」なんて、期待していません。

結局は、経済力を含めた<力>がモノを言うと思っています。

投稿: TAMO2 | 2010年9月25日 (土) 01時00分

TAMO2さんコメント有難うございます 人間経験の違いが知識に影響しますね。私はソ連共産党とも、中国共産党とも長い闘争をして誤りを認めさせた日本共産党の一員として道理のあることは必ず勝利すると考えています。尖閣問題では日本の領有が歴史的にも、国際法的にも何の非の打ちどころもない正論だということを国際的世論にすることが必要だと思います、
 アメリカは安保条約の適用範囲とはいうもののこの問題に積極的に関与しようとしません。力の外交が成功するでしょうか。

投稿: z | 2010年9月25日 (土) 09時25分

ソ連が日本共産党に対して誤りを認めたのは、ソ連共産党が命脈を絶たれる直前であり、中国共産党が1998年頃に日本共産党と「覚書」を取り交わし、「謝罪」をしたのは、道理の力というよりは、当時日本の国会で議席を伸ばしつつあった貴党とのチャンネルを持ったほうが得策だと、中国の党が考えたからでしょう。いずれにせよ、貴党の「道理」ではなく、「力」による謝罪だと考えています。

ところで、長野で「フリー・チベット」を叫ぶ人権活動家に対して、中国当局に指揮されたと見られる中国人留学生の一団が暴力を行使する事件がありましたが(被害者にはアムネスティー・インターナショナルの支援者である小生の知人も含まれます)、赤旗で取り上げていないのを見て、「ああ、一国社会主義政党は、人権という国際的な問題についても、権力者である社会主義政党の主張を優先するのだなあ」と思いました。個人的には、コミンテルンの復活が必要だと思っています。レーニンが構想したように、トップは持ち回りの。

ちなみに、小生は台湾独立支持派であり、「一つの中国」を主張する貴党と中国共産党を信用していません。

z様のブログは面白くて勉強になるので覗いておりますが、正直なところ共産党は嫌いです。

投稿: TAMO2 | 2010年9月25日 (土) 22時32分

ちなみに、尖閣列島の問題については、以下の左派ブログの考えが一番原則的だと思いました。

http://tatakauarumi.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-f63d.html

日本共産党の言う「道理」も、所詮は「西欧列強の帝国主義によって作られた歴史的産物」ということは、右も左も押さえておくべき事実だと思います。

投稿: TAMO2 | 2010年9月25日 (土) 22時36分

TAMO2さん あなたの考えは判りました。しかし、それなら私のブログにコメントする必要なないのではないでしょうか。力がすべてなら議論は不必要でしょう。もうコメントはいただかなくて結構です。お互いに時間の無駄です。あなたが考えを変えるなら別ですが。

投稿: z | 2010年9月26日 (日) 23時00分

誤解があるようなので追記します。<力>という言葉でまず想起されるのは、「批判の武器は確かに武器の批判にとってかわることはできず、物質的な力は物質的な力によって倒されねばならぬが、しかし理論といえども、衆人を掴むやいなや、物質的な力となる。」というマルクスの言葉です。(『ヘーゲル法哲学序論』)

z様の文章を読んでいると「ロゴス(中心)主義」とでも言いたくなる傾向があります。<力>には、z様が想定されているような剥き出しの物理的暴力もありますが、しかし、「国際世論の力」や「道理の力」もあります。「経済力」や「政治力」もありましょう。小生が想定するのは、これらすべてを含んでのものです。そしてこれらは渾然一体となって世の中を覆っています。「無理が通れば道理が引っ込む」現在の中国相手に、「道理」を言うことの虚しさをまずはz様に訴えたかったのです。

日本国政府の余りにも弱腰の対応は、かつて中国に侵略されたベトナムやフィリピンの憤激を、インドネシアやマレーシアの憂慮を引き起こしています。中国相手に「道理」が通用しないことを、多くのアジア諸国は知っています。

その上で、どのようにして「道理の力」でもって、国際世論を掴み、対中国の「物質的な力」に転化するのか。それが問われます。その点では、z様と一致すると思いますが、しかし、それを支えるものは、「道理の力」だけではあり得ません。

中国だけを相手にするのではなく、世界の国々、特に中国の圧迫に曝されている国家群とも連携すべき時です。

<力>が<全て>と小生に教えてくれたのは、カール・マルクスとウラジーミル・レーニンでした。

「階級闘争」でプロレタリアが依拠するのは、プロレタリアの「道理」であって、ブルジョアジーの掲げる「道理」では決してありません。これは非和解的な対立です。妥協はあり得るし、そのようなものとして世界は現れてはいるのですが。政治に関する分野で、没階級的な「道理」を、マルクス主義者が言ってどうするのですか。

投稿: TAMO2 | 2010年9月28日 (火) 23時45分

この問題に対する基本的スタンスは違わないのですが、力を力として認めるかどうかで意見が対立しているわけですね。

私は共産党関係者の中で最も尊敬するのは正森氏と瀬長 亀次郎氏なのですが、瀬長氏(達)の戦いはまさにマルクスの言った「理論といえども、衆人を掴むやいなや、物質的な力となる」ということでしょう。
道理があってもそれが力にならなければ(民衆を掴まなければ)、影響力を及ぼすことはできない。
このことは今回の二中総でも示されたことだと思います。

その他諸々の“力(暴力)”もはやりあって、このことは構造主義をずいぶん前に経験した現代人にとっては認めざるをえないところではないでしょうか。
年間100人以上の路上死が発生し、結核の発生率は難民キャンプ並みであり、先進国で唯一「国境無き医師団」の指定区域に指定されている、私の地元・大阪西成区の日雇い労働者の惨状を見るにつけ、私には様々な力が彼らをなぶり者にしているようにしか見えないのです。
左翼系の団体、キリスト系の団体、地元の団体が「道理」をもって戦い続けていますが、日雇い労働者を痛めつけている力を上回る「力」が無ければ暴力は止まりません。

さて、今回の二中総では、ようやく民衆との結びつきを正面に据え、「中央委員会が率先して旗振り役をするぞ」と宣言されたわけですが、日本共産党には民衆との関わりの中で理論的にも打ち鍛えられ、体質も含め改めるべきものは大胆に改め、二中総の立場に留まることなくさらに前進させ“真に力を行使するに相応しい存在”になることを期待したいことろです。

投稿: キンピー | 2010年9月29日 (水) 10時45分

TAMO2さん いくらか道理の力を認めるようにいわれていますのでコメントのお返しをしましょう。今ここで論じているのは尖閣初頭の帰属問題です。日本の領有は争う余地のないほど明白です。既に中国の態度は変化しつつあります。ここが議論の中心です。科学的社会主義の根本問題をこのブログでやるつもりはありません。私から見ればそれは論点をそらしただけと思います。
 キンピーさんにも上記のことで御理解いただけると思います。これは私のブログでこれに対するコメントにはお答えしますが、際限なく広がる議論に応ずるつもりは全くありません。それは、それぞれの方のブログでご自由におやりください。私は私のブログの土俵にのらないコメントは場合によって削除する権利があるということを付言させていただきます。ブログとコメントの関係はこういうものというのが私の考えです。

投稿: z | 2010年9月29日 (水) 23時02分

z様。なるほど、名誉ある孤立を選ぶ、ということですね。
さようなら。日本共産党とともに!!

投稿: TAMO2 | 2010年9月30日 (木) 20時22分

TAMO2さん さようならは結構ですが、名誉ある孤立ではなく、民主的政府を求めての探求の時代を進んでいるのです。早合点は誤りのもと。ではさようなら。

投稿: z | 2010年9月30日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100円ショップは過剰生産恐慌が生みの親 | トップページ | 検察の腐敗極まれり  »