« 人類がかつて経験しなかった変革の時代 | トップページ | 「赤」という差別意識は終わりにしよう。 »

総理の見識を問う 景気対策

景気回復策が盛んに議論されている。鳩山首相は財界団体の新年会で「皆さんと一緒に考えていきたい」と言っていたが、総理の見識が問われる。現状認識と対策を明確にするのが、総理ではないか。現状は過剰生産恐慌だ。労働者がすべて正規雇用になるような方向に舵を切らねばならない。この10年間に大企業のため込んだ内部留保は200兆円にのぼる。こにメスを入れて失業対策、短期雇用をなくす、中小企業対策に回すことを考えることだ。それは広く需要を生み出すだろう。大胆な経済政策が必要だ。参議院選挙で日本共産党が大きな勝利を勝ち取るかどうか、直截なものの言い方だがこれがカギだ。文字通り日本の政治は正念場を迎えている。

|

« 人類がかつて経験しなかった変革の時代 | トップページ | 「赤」という差別意識は終わりにしよう。 »

コメント

今日はご苦労さま。思ったよりお元気なので、何よりでした。ブログ、よくがんばっているので敬服です。私はつまらんことばかりしか書けません。難しいこと書こうとすると疲れます。玩具のように、ストレス解消です。お互い健康でありますように。・・・。

投稿: michiko | 2010年1月 5日 (火) 21時19分

あなたのブログは元気に生きていることを書くだけで価値がある。時々社会のことを書けば十分。気の向いたようにやるさ。

投稿: z | 2010年1月 6日 (水) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人類がかつて経験しなかった変革の時代 | トップページ | 「赤」という差別意識は終わりにしよう。 »