« 碁は惨敗 | トップページ | これでは自殺が広がりかねない 期待の広がる変革の幕開けを »

奔流を本流に

鳩山首相の初の施政方針演説が行われた。ガンジーの言葉を引いた「命を守る政治」を強調したが大変な失業問題、普天間 政治と金何も具体的な政策がない。期待はすれ内閣を絵に描いたように表現した。

 政治と金の問題、小沢問題はこれでもかこれでもかとばかりにマスコミを賑わしている。週刊誌など読み切れないくらいの量で追及している。これに隠れて鳩山氏は謝罪するだけで逃げようとしている。しかし28日参院予算委員会で日本共産党の井上議員に尻尾をつかまれた。平野官房長官に1000万円渡したことは認めた。政治活動に使ったことを認めたのだ。これは後を引くよ。難問に逃げ腰首相、逃亡首相になりかねない。これからの国会、政局は目が離せない、国民のなかの奔流のような政治論議はますます広がるだろう。国民主権の政治のためにこの奔流が本流になるよう期待している。

|

« 碁は惨敗 | トップページ | これでは自殺が広がりかねない 期待の広がる変革の幕開けを »

コメント

なんか鳩山さんの演説はピント外れの理念と責任逃れと現実後ろ向きが目立つ話でそれよりも自民党公明党のヤジの方が目立ったようでしたが。

肝心なところはほとんど内容が希薄でこれが“友愛”なのかと思うと期待ハズレこの上ないですね。やはり第三極の共産党が議席増やして監視しないととんでもないことになるかもです。

ところで共産党の議員はヤジは飛ばさないのですか?また善明さんはヤジは飛ばさなかったのですか?今日の自民党は武部さんや伊吹さんがよくヤジを飛ばしていたみたいでしたが。

投稿: 博多 | 2010年1月29日 (金) 23時12分

博多さんコメント有難う 野次は国会各院の規則では不規則発言としてしないことになっています、日本共産党では徳田球一議員は野次将軍でした。それもあって野次をやっていた時期もありますが、後にやらないことにしました。つい出てしまったというときはやむをえませんがやらないことになっています。基本的に審議の場ですから。私もやった時があります。

投稿: z | 2010年1月30日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 碁は惨敗 | トップページ | これでは自殺が広がりかねない 期待の広がる変革の幕開けを »